イメージ通りの自分へ

仕事、家庭、育児、どれも大切なものだから。
恵生会病院では、働きやすい環境づくりに取り組んでいます。献しているのが当院の特徴だと私は考えています。

キャリアアップへの支援は惜しみません

ゆっくり、じっくり、確実に。先輩がサポートします


患者さまとご家族に希望と安らぎを提供できる看護師になるためには、現場での経験はもちろん、キャリアに応じた専門知識の習得が求められます。
看護部では、院外・院内で行われる研修プログラムへの参加を積極的に奨め、いずれの研修も勤務時間内での実施とし、一人ひとりのキャリアアップをサポートしています。


院外教育

大阪府看護協会、私立看護協会などが院外で主催するさまざまな研修に、毎年多くの看護師が参加しています。看護のプロとしての教養を磨き、地域住民のニーズに合った看護実践力を身に付けます。
他の医療機関と比べ、当病院の看護師の院外研修への参加率はずば抜けて高く、勤務する看護師からも好評です。


院内教育

ひとりひとりの能力や個性に合わせ、キャリアを伸ばしていくことが、当病院の教育目標。病院の理念の達成や専門職としての知識・技術・態度を習得し、看護の現場で実践できるようにさまざまなサポートを行っています。
プリセプター制だけでなく、教育担当専任師長を中心にしたひとりひとりのキャリアに応じたフィローアップ研修でゆっくり、じっくり、確実に成長できる段階的な指導を行ないます。
また、院内留学制度も設けており、様々な看護の現場を経験できるようにしています。
医療機器の操作を学んだり、顧問弁護士を迎えての講義など、院内研修の内容もバラエティー豊かにし、医療・看護の現在を学べるようにしています。


職員のつながり


01看護部ではたらく

仕事、家庭、育児。働きやすい環境づくりに取り組んでます

研修ピックアップ!

参加者の声

もっと相手を理解しようとする気持ちを持とうと思った

口下手な私は「もう少し言葉を付け足していた誤解されなくて済んだのに」ということがあります。だから、自分の殻を破って、もっと積極的に会話ができるようになりたいという気持ちで今回の研修に参加しました。
研修では講師の方の話術に惹きこまれ、楽しく学ぶことが出来ました。「私は前に出るのが苦手なので、縁の下の力持ちでいたいい」という思いがあります。しかし看護師をしているとそうはいかない場面も多々あり、人前で魅力的に話す人をうらやましく思うと同時に自分もそうなりたいと願っています。今回の研修で講師の方の話術を学ぼうと思っていましたが、いきなり出来るものではなさそうです(笑)。

今回の一番の学びは、よいコミュニケーションのためには自分をさらけ出さないといけないと実感したこと。急には難しいですが、勇気を出して、相手のいいところに「ツッコミ」を入れて場を和ましながら、自分をもっと表現していきたいと思いました。
1回の研修で急に変わるのは難しいと思いますが、この研修をきっかけにしてこれまで以上に相手のことを考える意識が高まった気がしています。相手を理解しようとする気持ちを持って接し、自分をもっとさらけ出しながら、患者さまやご家族と、そして同僚や他職種の人たちとコミュニケーションを深め、看護につなげていきたいと思います。