Work and life balance

仕事、家庭、育児、どれも大切なものだから。
恵生会病院では、働きやすい環境づくりに取り組んでいます。献しているのが当院の特徴だと私は考えています。

Work and Life Balance

仕事、家庭、育児、どれも大切なものだから。
恵生会病院では、働きやすい環境づくりに取り組んでいます。


看護師として、充実した日々を送るためには、家庭や育児とのバランスをとることも重要です。当病院で勤務する看護師の多くは、育児の真っ只中にありながらいきいきと働き、看護師としてのキャリアを重ねています。

  • 現在80%以上の看護師が育児中
  • 院内に24時間保育所設置、産休明けから保育可能。常勤小児科医との協力体制をとり、病児保育も行う
  • 小学校入学時の半年間は、常勤扱いのまま、勤務時間短縮制度の利用可(2時間まで)



子育て支援

病院内の保育施設には、当院に勤務する看護師や医師、スタッフなどのお子さまが通園しています。病院開設当初からの歴史のある保育所です。ベテランの保育士が、0歳児から24時間体制で保育、季節に応じた行事なども行い、家庭的な雰囲気を心がけています。食事もおやつも手作りのものを提供しています。
平成19年4月より、病児保育も可能になったので、急病の場合でも安心です。また、当院の小児科医が年2回健康診断などを行います。

保育施設の概要


女子寮の完備

当院から徒歩2~3分、静かな住宅街の中に位置します。 6畳二間には、ミニキッチン・冷蔵庫・バス・トイレ、冷暖房を完備、月額9,000円です。
近くには、商店街やスーパーもあり、また大阪市内へのアクセスも良いので、快適なひとり暮らしを満喫できます。



レクリエーション

ホテルでのパーティーや社員旅行、ボーリング大会など多彩なイベントを開催。 看護師同士の親睦を深めます。また、年間休日数は112日(H23年)。(他に有給・特別休暇あり)

充実したプライベートライフを楽しめます。

01恵生会の魅力

師長の多くがエネルギッシュでやさしく触れ合っています

あなたはどこに責任を持ちますか?

「患者さまへの看護は24時間必要です。患者さまの24時間のうち、あなたはどこに責任を持ちますか?」

これまで看護職は24時間勤務が当然だという固定観念がありました。
子どもがいても夜勤ができなければ看護職としての責務は全うできないという価値観があり、数々な犠牲に後ろ髪をひかれながら勤務をする者、無理をしすぎてつぶれてしまう者、生涯独身を貫く者も多いのが現状です。
しかし、無理をしてイライラしながら勤務をしても、質の高い看護は提供できないと当院は考えます。
だから、その人が仕事に使える時間は責任を持って、心をこめて患者さまに対応できる環境を整えたいと考え、保育所運営にも力を入れています。

看護展望2010年8月号に掲載