やっぱり看護師になろうと思って

 やっぱり看護師になろうとおもって

看護師 小濱田香

仲間と患者さまに支えられて

中学生の頃交通事故にあって長期に入院したり、喘息を持つ妹がよく入院をしたりしたことから病院に行くことが多く、私にとって看護師さんは身近な存在でした。
高校で進路選択を迫られたとき、看護師になることを考えた私。高校の先生も「合っているよ」と勧めてくれたのですが、どうしても決心できず「仕事はほかにもたくさんあるし・・・」と職業決定を先送りにして大学の経営学部に進んだのです。
妹は看護系の大学に進学し、看護師を目指しました。そんな妹の話を聴いているうち「私も看護師になりたい」という気持ちが高まっていき、「今なら間に合う」と思って大学卒業後に看護専門学校に進もうと決めました。
看護学校は思った以上に厳しくて、勉強や実習記録に追われる日々は辛く厳しい毎日。それでも周りには同じ道を目指す仲間がいて、みんな同じように夢を追いかけている姿を見ると私も頑張ろうという気持ちになって、投げだすことなく最後まで頑張ることができました。私が頑張れたのは、仲間がいてくれたから、そして実習で出会った患者さまに看護する喜びを教えていただいたからだと思います。

「力になりたい」と思うことが大切だと学ぶ

看護することのよろこびを教えてくれたのは、実習で出会ったある患者さまでした。
その方は、整形外科でひざの手術を受けた方で、私は術前術後と受け持たせていただいたのですが、術後経過が不安定で、先が予測できない学生の私には看護計画を立案するのが困難でした。
結果的に何も援助ができない日々が続き、私自身も落ち込んでいたのですが、実習最終日を前に患者さまがくださったのは「小濱田さんの声を聞いているだけで安心できて楽になるわ」という言葉。 名前を覚えてくださていたこと、私の存在で安心感を得てくださっていたことに感激し、心の底から嬉しいと感じ、「何かしなければいけない」と思うのではなく「力になりたい」と思うことが看護師には必要だということを教わった気がしました。
そんな学生時代を終えて当院に就職を決めたのは、アットホームな環境で患者さまとの距離が近い病院だと思ったから。ここなら温かい看護ができるのではないかと思ったのが理由です。実際就職すると、人間関係が良くて先輩方も温かくて、ここなら自分らしく成長できると感じています。

心配りを大切にできるよう努力したい

当院に就職して間もない私ですが、先日感動した出来事がありました。
以前から数回当院に入院されていた患者さまだったようですが、入院中に心停止をきたして蘇生後、一命は取り留めたものの呼吸器をつけて意識がない状態でした。 お誕生日の日に、ご家族がケーキをもって来られました。患者さまを囲んでスタッフとご家族でお誕生日の歌を歌い、みんなで記念撮影。そしてその方は翌日亡くなったのです。
ご本人に意識はなかったのですが、ご家族の笑顔、そして患者さまを見つめるスタッフの笑顔が印象的で、こんな温かい病院に就職してかったと思いました。翌日亡くなられた患者さまは、きっと最期の時に満足して逝かれたことでしょう。
入院されている方は高齢者が多く、意識がない方もおられます。そんな方に心を込めて看護をし、面会に来られた時には「ちゃんとしてもらっている」と安心感を与えるのが私の目標。今はまだ日々の業務に精いっぱいですが、患者さまはもちろんご家族ともいい関係が築けるように、援助のときは心配りを大切にできるよう努力したいと思います。

おすすめの記事

一人の人に継続的にかかわる看護がしたい
一人の人に継続的にかかわる看護がしたいので、これから助産師を...
患者さまの目を見て対応
患者さまの目を見て対応し、その人の状態を適切に判断して優先順...
OL、専業主婦を経て助産師になりました
OL、専業主婦を経て助産師になりました 自分の出産を機に助産...