手術室ならではの看護のやりがいが語れるようになりたい

手術室ならではの看護のやりがいが語れるようになりたい

看護師 小鷹寛枝

ローテーション研修に惹かれて

私は看護学校卒業後、どこに就職しようかと迷っていた時「恵生会病院は人間関係が良いよ」と1つ上の先輩から聞きました。どんな病院かと調べてみると、新人の時にローテーション研修があるということを知り、まだどの科に興味があるのかわからなかった私には、そのローテーション研修が魅力的に感じたのです。
しかし、卒後すぐに就職するのは大きな病院がいいとか、大学病院のほうがいいとかという噂も耳にして、どうしようかと心が揺れたのも確かでした。
いろいろ悩んだのですが、「この科で看護がしたい」という強い意志もなかったので、はじめから配属が決まってしまう病院に就職するよりもいろんな科を見て考えたいという思い、そして人間関係が良く、アットホームなイメージがするこの病院で看護師として出発しようと考えこの病院への就職しようと決めました。

手術室の看護師に憧れを抱いた

就職してからは、各科を回って勉強しました。科によって看護にも特徴があり、看護師さんの役割も異なっており、素敵な先輩にもたくさん出会いました。その中でも、手術室に行ったとき、先輩看護師さんが活き活きと直接介助をされている姿を見て「かっこいい!」と憧れを抱いたのです。
手術室の看護師さんは、私の質問に対する的確な答えや、私に対する課題や指摘をくださいました。直接介助では医師が何も言わなくてもスムーズに器械を出されて手術がスピーディにすすみ、医師の介助は結果的には患者さまのリスクを最小限にするための看護なんだと学びました。そして「私もこんな看護師になりたい」と思って手術室勤務を希望し、今は手術室で働いています。

看護の魅力

ある病棟での出来事ですが、寝たきりの患者さまに訪室したとき「看護師さんが話をしてくれるだけで嬉しいわ」「私の話を聴いてくれるだけで嬉しいのよ、ありがとう」と言ってくださいました。入院患者さまの孤独を感じ、ただ傍にいて会話をするだけで相手に力を与え、喜んでいただける看護の仕事に魅力ややりがいを感じました。
手術室では患者さまと会話をすることはほとんどありませんが、手術室にこられる患者さまの気持ちも考えられる看護師になりたいと思います。

これからの目標

手術室の看護に対しては、今「ここが魅力です」とはっきり言えないのが今の私の現状です。わからないことばかりで、まだまだ勉強中なのですが、はやく「手術室ならではの看護のやりがい」を語れるようになりたいと思います。
また、手術室では清潔・不潔の観念もしっかり養わないといけないのですが、今の私にはまだそこも不十分なところがあり、勉強しないといけない点です。
知識と経験を積むことで、次のことを予測して行動できる看護師を目指します!

おすすめの記事

一人の人に継続的にかかわる看護がしたい
一人の人に継続的にかかわる看護がしたいので、これから助産師を...
患者さまの目を見て対応
患者さまの目を見て対応し、その人の状態を適切に判断して優先順...
OL、専業主婦を経て助産師になりました
OL、専業主婦を経て助産師になりました 自分の出産を機に助産...