子育てと仕事を両立させながら頑張っています

子育てと仕事を両立させながら頑張っています

看護師 橋本奈美

子育てとの両立がしたかったから

私は以前、公立病院に勤めていましたが、結婚後、子育てをしながら通うには地理的に無理があったため産前にその病院を退職しました。
産後、再就職をしたいと考え色々な病院を調べたのですが、子育て中の看護師が大半を占め、支援体制が整っている当院に出会って再就職を決めました。結局、今も自宅から近いということはないのですが、子どもと一緒に通勤し、病院の保育園に子どもを預けて働いています。

これまでの病院とのギャップ

これまで働いていた病院は、比較的新しい病院であり、ハード面が整った病院でした。初めて当院に来た時は少し古びた印象を受けたのですが、中に入るととてもアットホームで、子育てに対する理解があって、ソフト面は整った病院だと実感しています。
仕事をしていると「もう少しこうしたほうがいいのでは?」と思うこともたまにあるのですが、独身時代なら仕事で自分の時間を充分使えたのに、今は子育てに使う時間も大切にしたいという思いもあって、つい言い出すことを躊躇してしまうんです。でもそれが自分へのジレンマにもなっており、もっとうまく時間を使えるように工夫して、色々なことが提案できるようにしていきたいと思っています。

学生時代に育んだ友情

私は、看護師に憧れをもっていたわけではなく、単に理系のほうが得意だったので、高校時代は理系のコースを選択しており、そのながれで医療関係の仕事を目指そうかと考えました。色々な職種があるなかで、ただなんとなく「看護師が良いかな・・・」という軽い気持ちで、看護学校に進学しました。
そんな気持ちで進学したせいか、学生時代はとにかく大変で、勉強や実習、特に実習記録に悩まされ、勉強や実習に対して楽しい思い出はあまりないんです。でも、友達と励まし合って学生時代を乗り越えたおかげで、友達とは強い絆が生まれ、今もかけがえのない友情で結ばれているような気がします。今も困ったときには何でも相談できる仲間がいるということが、私の看護学生時代の財産になりました。
看護師になってからも、はじめ目の前の仕事をこなすことで精いっぱいで、楽しいと思う心のゆとりはなかったのですが、3~4年が過ぎたころでしょうか、自分に余裕が出てきた頃から患者さまと関わることが楽しいと感じるようになりました。私が伝えた言葉で患者さまから帰ってくる反応を実感すると、患者さまにとって看護師の存在の大きさを感じるようになり、看護の面白さが見えてきたような気がします。

今はまた余裕のない毎日

看護師として余裕を持って患者さまと対応できるようになり、看護に対する面白さも実感できていた私ですが、子育てと仕事の両立という環境の変化から、また自分に余裕がなくなり、精いっぱいの状態に逆戻りです。
今は、仕事中は患者さまへの対応で精いっぱい、仕事を終えると自分の事よりも子どもの事に時間がつぶれて精いっぱいの日々です。
でも、こんな日がいつまでも続くわけではなく、今は自分の置かれている状況に合わせて出来る範囲で仕事に打ち込み、将来は子育てを経験したことを活かした看護が提供できるようになりたいと思っています。

おすすめの記事

一人の人に継続的にかかわる看護がしたい
一人の人に継続的にかかわる看護がしたいので、これから助産師を...
患者さまの目を見て対応
患者さまの目を見て対応し、その人の状態を適切に判断して優先順...
OL、専業主婦を経て助産師になりました
OL、専業主婦を経て助産師になりました 自分の出産を機に助産...