一人の人に継続的にかかわる看護がしたい

一人の人に継続的にかかわる看護がしたいので、これから助産師を目指そうと考えています。

看護師 東野智子

患者さまとの対応が楽しい

私が看護師になるのを決めたのは中学生の頃です。そんなに明確な理由があったわけではないのですが「将来は看護師になりたい」と思いました。

看護学校に入学してからは、「看護論」などを学ぶと、理屈っぽいことが多くて「看護師って思てったのとは違うな・・・」と感じて嫌気がさしたこともありました。しかし実習に行って患者さまに接すると「看護って楽しい」と思うようになったのです。

実習の時は1人の患者さまを受け持つため、1対1の看護ができて、その人に合った援助を考えることが楽しみでした。しかし実際に看護師になると、少なくても6-7人の患者さまを受け持つうえ、毎日同じ人を受け持つわけではないこと、直接かかわる時間が短いことに対する不満を感じることもありました。

ある患者さまとの出会い

以前私は大学病院に勤めていました。検査室に勤務していたことがあるのですが、外来に来られるたびにお話をする患者さまとその家族の方がいました。病状が不安定になり、その人は入院され、その後まもなく亡くなられたのです。

私はその人が入院している病棟に勤務している訳ではなかったのですが、病棟のスタッフの配慮でお見送りをさせてもらいました。そしてその後、奥さんが私宛てにお手紙をくださいました。亡くなった後にも私を訪ねてくださったこと、そしてお手紙まで準備してくださったことがとてもうれしくて、涙が出そうになったのを覚えています。今もその手紙は家に飾ってあり、しんどくなったらその手紙を見ると、元気をもらえるような気がします。

転勤のわけ

これまでを振り返ると、看護師は1人の患者さまと長期的にかかわりをもつことで看護の喜びを感じるように思います。しかし、看護師として働いていると、なかなか長期的に継続して1人の患者さまとつながりを持つことは難しいような気がします。そんな私は、自分が子どもを産んでから助産師になりたいと思うようになりました。妊娠・出産・分娩・産後と、継続して一人の人にかかわれる仕事に魅力を感じたのです。そこで、進学することを考え転職を検討しました。そんなとき、産科があって分娩件数が多く、奨学金制度もあるこの病院を見つけて、ここに転職して助産師を目指そうと考えました。

また、当院には託児所があるので、子どもを育てながらも働きやすい病院であることも、ここを決めた理由です。今はまだ進学はしていませんが、近い将来進学をして、1人の妊婦さんに継続的にかかわって「お産が楽しかった」と思えるような、「また次の子を産みたい」と思えるような助産ができる助産師になりたいと思います。

おすすめの記事

患者さまの目を見て対応
患者さまの目を見て対応し、その人の状態を適切に判断して優先順...
OL、専業主婦を経て助産師になりました
OL、専業主婦を経て助産師になりました 自分の出産を機に助産...
子育てと仕事を両立させながら頑張っています
子育てと仕事を両立させながら頑張っています 子育てとの両立が...